シンビジュームの季節

こんにちは☆

一昨日くらいから一段と冷えてきましたね。体調管理にはお気を付けくださいね☆

 

この時期アイエヌエーでは室入れ作業の真最中です。室とは温室のことで、冬支度のため植木達を温室に移動させています。

夏場は外で過ごしていた植木達を温室内へお引越しさて、暖房のきいた暖かい環境で冬を過ごしてもらいます♪

 

今日は年末の準備に入るこの時期に大人気なシンビジウムの紹介をしたいと思います♪

もうそんな時期がきたかという感じですね☆

シンビジウムは日本の気候に適応していて比較的育てやすい蘭です♪

年末年始にかけての花形で、贈り物として大人気です♪

アイエヌエーではこの時期、年末の贈答品として注文を承ることが多くなってきます☆

アイエヌエーは毎年信頼する生産者様が丹精込めて栽培したシンビジウムを仕入れさせていただいています。そのお蔭でお客様からは絶大な信頼をいただいています☆

生産者様お勧めの今年の花形のシンビジウムを少しご紹介させて頂きますね。

 

シンビジウムは華やかでゴージャスなたたずまいが人気の蘭です。

こぼれ落ちそうなほど咲き誇る花が年末年始にかけてお部屋を華やかに彩ります♪

 

 

こちらは「プロムナード」という品種です☆ピンク色のシンビジウムの代表的な品種です。

美しい形の花びらを優雅に大きく開き、華やかな雰囲気に溢れています。ピンク色が優しく、いつまでも眺めていられます☆

密に華やかに咲き誇る花と葉のバランスが絶妙で大変美しいです。

あでやかなたたずまいに、うっとりします♪

 

 

 

こちらは「福を呼ぶお姫様」です☆

福福しい丸みのある花びらを上品に開き、ぽってりとした気品あふれる形です。

ほんのりと紅く染まるリップ部分が何とも上品です。

その名の通りお姫様のように優美なたたずまいが

目を楽しませてくれます♪

 

 

 

こちらは「福娘」です☆

その名の通りなんだかいきいきとした少女のような可憐さがあります☆

鮮やかで発色のいい桃色と、花びらを控え目に開いた姿がとても可憐で美しいです。

ふっくらとした可憐な花が咲き誇る姿が、華やかな気分にさせてくれます♪

 

 

また商品が入荷しましたらこちらで紹介させて頂きますね☆

ご注文のご希望の方は連絡フォームからご一報くださいませ☆

 

科 目ラン科シンビジューム属
原産地中国、ネパール、インド、タイ、オーストラリア、日本
植え替え・肥料
4~9月までは有機肥料(油粕+骨粉)をあたえ

5~10月までは液肥を定期的に与えてください(洋ランの適量を)。

植え替えは2~3年に1度必要です(2~3月)。
剪定・お手入れ
 シンビジウムは花の寿命が長く1か月程楽しめます。

土の手を当ててみて表面が乾いたら水をたっぷりあげてください(だいたい4~5日に1度くらい)。

8℃~15℃くらいの場所に置くと長持ちします。日がさす窓際などに置いてあげてください。

寒さにとても強く凍結させなければ傷むことはありません。2~3℃くらいまでなら大丈夫です。

暖房機器のせいで暖かすぎたり乾燥すると長持ちしません。

☆栽培する場合

花が満開を迎え1か月程経つと花を茎から切ってあげます。切った花は切り花として楽しんでください☆

桜の季節までは屋内の日当たりのいい窓際に置いてください。

春先から夏場は戸外の半日影に置いてください。

夏場は水をたっぷり与えてください。暑い時期は1日2回与えてください。

シンビジウムの根元にはバルブという大きな島らっきょのようなものがあります。

ここかから葉芽と花芽が出てきます。

春になるとバルブから新芽が出てきます。葉芽は一つのバルブに1個に制限します。

その後も出てきた芽をかき取ってしまいます(花のための養分を取られないため)。

夏の終わりごろ花芽が出てきます。

葉芽と花芽はそっくりなので、花芽を葉芽と間違って取ってしまわないように注意してください。

花芽は先端に丸みがあり少し柔らかいです。

霜が降りる前には屋内へと移動させてください。 
病害虫花にアブラムシが発生する場合がります。スミチオンで対策してください。
育成度評価 ☆☆☆★☆
Share on Facebook

にほんブログ村 花ブログ 観葉植物へにほんブログ村に参加しています!

アイエヌエーのネットショップ、クローバー
カテゴリー: お手入れ, スタッフ日記 パーマリンク

コメントは停止中です。