ぺディランサス ダイギンリュウ(大銀竜)

 

茎は太くて多肉質、節ごとにジグザグしています。

骨太で男前な植物です☆

よくみるとジグザグの茎の凸の方向だけに葉がついてます☆規則正しいきっちり感が素敵です♪

 

 葉は白や薄緑の斑入りで、陽光が強いと葉端が紅く染まりとても美しい色合いです。縁は波うっていて、くしゃくしゃ感がオシャレです☆

一本一本違った個性的な伸び方をするので、全体的に面白いバランスが生まれて、とても魅力的な植物です。

 

 

またの名をジグザグプランツやデビルズバックボーンと言います☆

悪魔の背骨はかなり歪んでますね(笑)なんだか悪魔がパタパタ飛んでるようにもみえてきます。

アメリカンな発想ですね(*^_^*)なんだかロックテイストを感じます☆

 

 

アメリカンインテリアにとてもマッチします!

カラフルなロックなインテリアにも、魅力を発揮しそうです☆

イタリアンモダンでシックなお部屋にもアクセントとして活躍します☆

 オフィスにもお勧めです!やる気がみなぎりそうです(*^_^*)♪

 

☆途中で切ると白色の汁が出てきます。

ほんの少し毒性があるようなので、ペットもしくは乳幼児がいる方はテーブルや棚の上など悪戯できない高めの場所で育ててください☆

 

 

科 目ぺディランサス属 トウダイグサ科
原産地フロリダ、メキシコ南米北部
植え替え・肥料
☆植え替え

鉢の中で根が回ってきたら(2~3年に1度)植え替えしてください。

☆増やし方

挿し木で増やせます。

気温が20℃を超えたあたり(梅雨時)から剪定や切り戻しが可能です。

切り取った茎の根元に水苔を巻き、植えておいてください。

☆肥料

春から秋の生育期(5~10月)に観葉植物用の置き肥(緩効性化成肥料)を

2カ月に1度与えてください。
剪定・お手入れ
 ☆環境

日当たりのいいところを好みます。

日当たりが悪いとしっかりした茎にならずひょろっとしたシルエットになります。

育適温:15~25度です。

越冬:冬は人が過ごすリビングなど室内で越冬させてください。

5度くらいまでは耐えますが、温度が下がると葉が紅くなり葉が落ちてしまう場合があります。

☆お手入れ

生育期(夏場):土の表面が乾いたら水やりを行ってください。

鉢の下から水が流れ出すぐらい与えてください。受け皿には水を溜めないでください。

休眠期(冬場):水やりの間隔をあけて、やや乾かし気味にしてください。

冬場は土がよく乾いたと思ってから3日後くらいにあげてください。 
病害虫コナカイガラムシが発生する場合があります。薬剤を散布してください。
育成度評価 ☆☆★☆☆

Share on Facebook

にほんブログ村 花ブログ 観葉植物へにほんブログ村に参加しています!

アイエヌエーのネットショップ、クローバー
カテゴリー: お手入れ パーマリンク

コメントは停止中です。