オリーブ

銀緑色の淡い色合いが

何だかとても落ち着くオリーブの木。

 

お庭やベランダにオリーブを置くと

地中海ムードが醸しだされます☆

 

ヨーロッパの家庭的な雰囲気が出現するので、とても絵になります☆

明るい色合いで美しくオシャレな木です♪

 

科 目モクセイ科オレア属 常緑高木 (別名:オレイフ)
原産地不明(北アフリカと考えられている)
植え替え・肥料
植え付け:植え付けは4月が適期です。

水はけがよく、日当たりのよい場所を好みます。

適所に大きく深めの穴(50センチくらい)を掘ります。

そこに肥料や苦土石灰(アルカリ性の土にする)を適量入れ、土を半分ほど戻してよく混ぜます。

その上からオリーブの苗を植え付けてください。

オリーブは根を浅く張る性質があるので、強風などで倒れないよう支柱を取り付けましょう!

鉢植え:4月か9月に植え替えをします。成長が速いので、大きめの鉢を選んでください。

土は水はけのよいものがいいです。

花・野菜用の培養土でもいいですし、または腐葉土と赤玉土(小)を混ぜたもの(4:6)に

苦土石灰を混ぜたものなどもいいです。

底に鉢底石を敷き、鉢の半分ほど土を入れて鉢から取り出したオリーブを植え替えます。

最後に下から水が流れ出てくるまで水をかけてあげてください。

肥料:3月、6月(開花の時期)、10月には有機性肥料(骨粉)やリン酸質肥料を施肥をしましょう!

(オリーブ専用の肥料も販売されてます!)

1年に1度石灰を施してください!
剪定・お手入れ
 剪定:剪定は3月ごろが適期です。

オリーブは新しく伸びた枝先に花をつけ実になるので

花や実を楽しみたい場合はあまり枝先を切らないようにしましょう。

内部の込み入り過ぎた部分枝抜きをし内部に向かっている様な不要な枝を間引きます。

強く切りつめた場合は切り口に保護剤を塗ります。

2~3mに保つと管理しやすいです。

水やり:水はけがいい状態で、たっぷり水をあげてください。

開花~果実が大きくなる時には特に水分を必要とします。

春先から乾燥しすぎないようにしましょう。

(乾燥に強いですが、乾燥を好むわけではありません)

冬越し:冬越しは‐2℃~3℃までは耐えます。

ただ霜や雪には弱いので関東より北の地域では屋内で冬越しをさせてください。

(霜や雪に当たらなければ、ある程度寒くてもいいです) 
病害虫テッポウムシとコウモリガの幼虫、オリーブアナアキゾウムシの幼虫の発生に気を付けてください。定期的に予防のために薬剤を散布するのが◎です。早めに駆除するようにしましょう!
育成度評価 ☆☆★☆☆
Share on Facebook

にほんブログ村 花ブログ 観葉植物へにほんブログ村に参加しています!

アイエヌエーのネットショップ、クローバー
カテゴリー: お手入れ パーマリンク

コメントは停止中です。