ドラセナ コンシンネ ホワイトホリー (ホワイトアイボリー) 

 

 

細い幹の先に、細長いシャープな葉が美しく広がり、繊細なシルエットを造りだしている「ドラセナ コンシンネ ホワイホリー(ホワイトアイボリー)」です☆

褪せ感のある明緑にアイボリーのラインが入った葉が、花火のように美しく流線型を描き広がります。

細いのにしっかりとたくさん生えている葉がとてもかわいらしいです(*^_^*)♪

 

 

 

 

 

幹もアイボリーの優しい色味です☆

幹には成長の証である節が刻まれていて、それがまた味があります~(*^_^*)

幹と葉の褪せ感のあるアイボリーの組み合わせが、透明感を出していて、オシャレな雰囲気です♪

 

 

 

科 目ドラセナ コンシンネ
原産地マダガスカル(アフリカ熱帯雨林気候区)
植え替え・肥料
☆植え替え 

2年に1度植え替えを行ってください。

適期は5~6月です。 

☆増やし方 

取り木、挿し木(方法へジャンプします)です。

☆肥料

 5月から10月(生育期)にかけて暖効性肥料(置き肥)をあげてください(2か月に1回程度)。 

もしくは液体肥料を2週間に1度与えてください。
剪定・お手入れ
 環境

風通しが良い、直射日光ではない明るい場所を好みます。

日影でも育ちますが、明るい方がしっかりと、美しく育ちます♪

育適温:20℃程度です。

越冬:比較的に耐寒性があります。5度以下にはしないようにしてください。

できるだけ人が快適に過ごせるリビングなどで、暖かくして越冬させてください。

☆お手入れ

生育期(夏場):土の表面が乾いたら水やりを行ってください。

鉢の下から水が流れ出すぐらい与えてください。

受け皿には水を溜めないでください。

休眠期(冬場):水やりの間隔をあけて、やや乾かし気味にしてください。

葉の先が変色してきたら、乾燥しすぎているサインです。

水やりは葉の状態を見ながら調節してください。

湿度を保つため、葉水は1年を通して霧吹きなどで与えてください。

(湿度を保つことは害虫発生の予防にもなります)  
病害虫カイガラムシ、ハダニが発生する場合があります。発生した場合は清潔なタオルで拭いて、薬剤を散布してください。
育成度評価 ☆☆★☆☆
Share on Facebook

にほんブログ村 花ブログ 観葉植物へにほんブログ村に参加しています!

アイエヌエーのネットショップ、クローバー
カテゴリー: お手入れ パーマリンク

コメントは停止中です。